制作をする

ユニフォーム9

スポーツのサークル活動や、部活動では、メンバー全員で揃えたユニフォームを制作する必要があります。 近年、大型のスポーツショップでは、単にユニフォームを売っているだけではなく、ユニフォームに文字を入れる、マーキングサービスを実施しているところが多くあります。 文字入れは、単色だけでなく、文字の縁取りなども可能です。最近では金や銀の文字をいれることも流行っています。また、ひとりひとり背番号を変えることなども可能です。 マーキングは、着圧式のシートだけでなく、刺繍にすることも可能です。価格は刺繍の方が高くなるので、背中の大きな文字は着圧式にし、腕部などに入れる小さな文字などは刺繍にすると、より安くユニフォームを制作することが可能です。

サークルのメンバー全員でお揃いのユニフォームを制作するためには、同じ種類のユニフォームを大量に購入する必要があります。まず、スポーツショップのサービスカウンターで、ユニフォームの取り寄せをお願いしましょう。 スタッフにお願いすると、各メーカーのパンフレットを見せてもらえるので、その中から商品わ選ぶと、ユニフォームを多量に発注してもらえます。同時に、マーキングを依頼します。文字の書体、色、素材のサンプルがあるので、その中から指定します。サンプルにない書体や素材で制作してもらえる場合もありますが、追加料金を取られる場合があります。 制作数を多く頼めば頼むほど安くなる場合が多いです。 商品が完成次第連絡があるので、あとは完成品を受け取りにいくだけです。